「卓上LEDライト」

ホームセンターの家電売り場でLED電球の種類を眺めていて…指向性の高いタイプを発見しました。卓上スタンドの自作を考えていた時期でしたので、自作決定!
電材コーナーで電球ソケットとスイッチ付き電源コードを購入。本体は作業テーブルを作った時の端材を切って作ります。

本体は倒れないように重心を考えてシンプルに組みました。電球式を使えばLED照明の自作は安く出来るのです。

電源コードは100Vですから、噛みこんだり挟んだりは厳禁です。シッカリと大き目に穴加工して通します。

あっという間に出来上がりますが…電球が…長い。広範囲を照らす場合は高くしなければ当たりません。でも限定した光源として作ったのでこれで良いのです。手元のみを照らす照明が欲しかったのです。だから不格好でもこれで良いのです。

スイッチを入れて確認したら眩しかった。指向性のランプなので下だけを照らすタイプのはず…それでも目の前にあると眩しくて目が痛い。老眼鏡越しだと目に悪いでしょうしね。
0.5mmのプラ板を画鋲で止めたら解決しました!

本体が上下にスライドするように作れば完璧ですねぇ。照らす対象によって土台の高さを変える方が便利です。明るさは合格点!明るいです。

スライド式に改造するのは簡単だと思うので、今度チャレンジしよう

> 道具の製作      > HOME

モバイルサイト