「レジン注型時の気泡対処」

シリコーンゴム型にレジンを流すと気泡が出来ることがあります。型の中をレジンが流れる時に気泡を巻き込みながら走ります。幅のあるパイプ状の道だけならば気泡は出口に押し出せます。でも、複製品は必ずしもシンプルな形ではありませんね。
写真のような薄いエッジ部分には気泡が残りやすいものです。

注型後にゴム型を表面から叩いて振動を与えて気泡を逃がす。一番簡単な対処方法ですが、必ず抜けるとは限りません。

意外と簡単な対処法があります。ベビーパウダーです。ゴム型の気泡が出来る部分に綿棒で薄く塗るだけです。

気泡が出来ませんでしたね。パウダーを塗っただけですよ。

何故抜けるのか?

微粉末は液体を染み込ませる性質があります。流れてきた液体の先頭をパウダーが吸います。すると…後ろから流れてくる液体の勢いが増します。結果的に、その湯道の流量が増し勢いよく流れ…気泡を巻き込み一気に出口に流れるのです。

製作技法      >HOME

モバイルサイト