「ポリパテ置換とは…」

このHPでの解説に限らず、私の模型製作記事の中にたびたび登場する技法の中に「ポリパテ置換」という言葉があります。

一点ものの作品であろうと複製される製品であろうと最初の原型素材は「デビカ油ねんど」で作ります。ご存知の通りで油粘土(彫塑用油土)の素材状態は不安定です。手が触れただけでも形状が変わります。

第二原型として型取り・複製にてポリパテに素材を置き換え、そのポリパテを彫刻し磨き込んで完成に持って行きます。作品の大きさや彫刻の繊細さで型取り素材を変えてポリパテ置換を行っています。シリコーン・ポリパテ・石膏などを主に使います。

ポリパテ置換1

ポリパテを型にしてポリパテ置換する

1.粘土原型はスッポリと一方向から抜けるように調整して作ります。

2.型材のポリパテも注型用もラッカー薄め液で主剤を薄めて柔らかくして使います。「ポリパテを柔らかくする」で説明があります。

3.型の内側にワセリンやワックスを塗ってからトロトロのポリパテを塗り込みます。

4.完全に固まるのを待って型を砕くか、柔らかいうちに抜くのか?その時々で変えます。複数のパーツが必要な時には最小限の変形で抜けるように注意して作業します。形状を重視する時には型を割ります。ワックスなどは台所洗剤などで洗い流します。

実作業での詳しい記事があります。合わせてお読みください。

レンズを作る

ポリパテ置換2

石膏型によるポリパテ置換

1.抜きやすい形になるまで粘土原型をカットして分解します。

2.石膏で型を取り完全に乾燥させます。

3.型の内側にワックスなどを塗り緩めたポリパテを注入します。

4.ワックスを台所洗剤などで洗い流します。完全硬化する前に余白を丁寧に切り離し組み立てます。

大きな造形物は石膏で取る事が多いです。コストの都合ですね。

製作技法      >HOME

モバイルサイト