「石膏型取り(片付け)」

石膏カスは絶対に流しに捨ててはいけません。絶対にダメなのです。粉末も石膏を崩して溶かした液体も駄目です。全部をゴミとして独立させて処理します。

レジ袋・ティッシュ・ウエットティッシュ(アルコール)を用意します。

石膏をかけ終わった時点ではまだ固まっていませんので石膏の硬化待ち時間に終わらせます。ティッシュで動かせますからレジ袋に落とします。

アルコールタイプのウエットティッシュで拭き取るとキレイに取れます

この状態で初めて流しで洗うのです。アルコールを流すためです。指に付着した石膏もウエットティッシュで取ります。その後で水道で洗い流します。

石膏液も石膏カスも100%排水詰まりを起こすと覚えて下さい。石膏作業で出たゴミを封入したレジ袋の処理は、自治体ごとに異なりますので調べたうえで処理します。

 ここから先は「離型作業」です

石膏は硬化発熱で固まり、その後冷めます。水分が抜けて重量が軽くなったら、その後は安定します。見た目で固まったように見えますが変化中なので扱いに注意です。型の内部の粘土を抜く事によって乾燥を速めます。

パテベラなど刃の無いもので芯の周囲を刺して分離します。石膏型の内部を傷付けないように注意します。

芯が抜けたら粘土が動きますので石膏から抜き取ります。石膏が冷えてから5時間以内です。石膏が冷たくて重い状態。カッターナイフで切れます。注意して下さい。これ位の型ならカッターで真っ二つに切れます。それくらい柔らかくて不安定な状態です。軽く、力を入れなくても思ったようにスイスイ切れるのです。余白部分を丁寧に切り離すのはこのタイミングです。

石膏カスが付着した粘土を処分してキレイな部分だけ「捨て粘土」として箱で管理しています。芯用の粘土です。土台と造形芯を再利用する為に石膏カスなどを除去し掃除します。

石膏は内部からも乾燥して安定しました。重量が軽くなり、軽くドライバーなどで叩くと「クワァン」と鐘のような音がします。軽くなって金属音がするようになったら最終形態です。


石膏型の変化

湿り気・重い・熱い   硬化開始状態

湿り気・重い・冷たい  型から原型を外す時期

湿り気・軽い・常温   状態が安定、変化終了

(石膏の種類やメーカーによって微妙に違います。目安です。)

製作技法      >HOME

モバイルサイト