「石膏型取り(作業編)」

粘土原型を用意しますが、石膏をかけたくない土台や芯部分には覆いをします。マスキングテープやクラフトテープ、ビニール袋には石膏が固着しないので覆い(マスキング)に利用できます。

時間が経過すると石膏液はソフトクリーム状に粘ります。

それまでの間はポタージュ状なので下に流れ落ちますから何度も繰り返しかける事になります。原型の側面には指で塗りつけて馴染ませます。

一番下に時間経過と石膏の状態の変化を書きましたので、
作業手順の参考にしてください。
(石膏の種類やメーカーによって時間は違います。目安です。)

固まるまでの間は下に流れた石膏をもう一度上からかけてもOK。

その場合、ビニールなどに落ちた石膏と紙の上の石膏で違った変化が起こります。新聞紙などに石膏液の水分が吸収されると硬化が早くなります。原型の垂直面への食い付きに利用します。原型の上部ばかりが分厚くなる時に、新聞紙の上の石膏液を石膏の薄い面に指などで食い付けます。

指に付着した石膏液は雑巾で拭いてください。
(雑巾は最終的に捨てます。)

石膏の作業に使う「スタッフ」という素材です。積層する石膏の間に封入して強度を上げる物です。スタッフはホームセンターには置いていないと思います。大型の画材店やハンズなどの在庫を調べて買いに行くと良いです。

必ず必要なものではありません。形状的に割れやすい場合に破損防止のために混ぜ込むのです。(石膏型も軽量化できます)

散らばると邪魔なので、容器の中にほぐして用意します。
5cmくらいの長さに切って繊維方向を混ぜて絡ませます。

指が汚れると固まり始めた時に作業性が落ちます。割り箸で摘んで石膏液の中で良く混ぜて、そのまま箸で掴んで石膏型に乗せます。その後、スプーンですくった石膏を乗せてスプーンの背でグルグル気泡を押し出すようにすると上手くいきます。繊維で石膏が流れにくくなるので作業性が上がる?上手く利用するようにしています。

石膏型の表面で箸で撫でて気泡を抜きつつ均して密着させます。ゴワゴワした繊維の中に気泡が残ると逆効果で強度が落ちる。スタッフも水分を吸いますので、石膏液は早くソフトクリーム状に変化します。作業スピードを上げたい時に変化を利用してください。

スタッフの封入層は石膏型の中間層が理想なので、石膏作業を2回に分けて中間層を狙って石膏に乗せます。(理想は石膏の厚みを1cmとして5mm位で入れて5mmで完了)

スタッフの効果 1.軽量化 2.強度が上がる 3.石膏の粘性が上がる

タイミングを覚えれば石膏の変化を利用して表面を均せます。

ソフトクリーム状になってから硬化が始まります。

3~5分後にバターのような硬さに変化します。この時に表面を均せます。

5分くらいで発熱して硬化します。

ただし、室温や湿度の状況によって大きく変化します。



石膏液の変化

0分    ポタージュスープ状
10分後  ソフトクリーム状
5分後   バター状
5分後   固形 発熱開始(クッキー状、脆い)

(石膏の種類やメーカーによって時間は違います。目安です。)

製作技法      >HOME

モバイルサイト