「石膏型取り(準備編)」

石膏の作業…色々な手順が他でも見られますよね。わざわざ解説が必要とは思わなかったのですが、質問も受けました。
「毎回の作業結果が安定しない。」
「汚さないで作業するコツが知りたい。」
「石膏が苦手です…。」などですね。

ホームセンターで売られている「工作用石膏」での作業を詳しく分かりやすいように注意して書いてみますので、参考にして下さい。

用意した水に石膏粉を投入する方法での説明です。

先ずは広い面積を用意するところから…。

私はブルーシートを買ってくると切ります。新聞紙を広げた大きさより少し大きいくらいですね。

その上に新聞紙を広げると…こんな感じですね。新聞は一部(一冊)必要です。4枚以上重なった状態で使います。必ず水はこぼれますし、石膏粉が舞います。新聞紙に水を吸わせて、下に浸透しないようにブルーシート。

広さはこれくらいだと楽なのです。何故なら↓

1.水汲み場
2.石膏溶き場
3.作業場

この3つを間隔を空けて確保します。床での作業も可能ですが、離して下さい。全部を手の届く範囲で準備すると、必ず事故が起こると考えて下さい。床作業の場合は自分自身が中央に座ると物を引っ掛けて倒す心配が減ります。

準備品

雑巾
プラスプーン(100円)
紙皿(100円)
お玉(100円)
泡立て(100円)
ゴムベラ(100円)
水汲み容器(100円)
密閉容器(100円)
ドッジボールを切ったボウル

石膏用のゴムボウルは高いです…が、自作できます。ドッジボールを半分に切るだけです。この場合、最近売られている薄いゴムボールは駄目です。丸い状態を維持しないのです。おもちゃ売り場やスポーツ用品店でドッジボールを買いましょう。紙皿に乗せると転がりませんよ。

X あまりお勧めしない作業風景

袋から直接石膏を取ると高確率で転倒しますよ!転倒防止のためにも密閉容器に入れたほうが良いですね。100円で買えるもので十分ですから。
こし網でパラパラ入れようと考えがちですが…これも良くない。手早く投入して周りを汚さないためにも「お玉」がお薦め。

〇 事故が少ないお薦めの作業風景

水の量は完成した石膏液の予想量に対して60~70%です。その中に石膏を投入して水面よりも石膏粉が勝つくらいが適量なのです。水面が乾いた石膏に覆われた感じですね。

普通のお玉ですくった方が早いです。中央だけが高くならないようにボウルの側面にも入れる感じで満遍なく投入しましょう。

適正な濃度の石膏液はポタージュスープ位です。

水面に乾いた石膏が覆ったような適量になったら、一気に泡立てで攪拌してクリーム状にしてしまいます。物凄く泡立ちますが大丈夫ですよ。サラサラなので泡は消えますから。それよりも手早く溶かす事が優先されるのです。

でも、混ぜてから固まるまでには10分以上ありますので焦らずにキレイなクリーム状の石膏液になるように混ぜましょう。

この後は対象になる成形方法によって作業が違ってきます。型に流し込む場合はサラサラ状態で直ぐに流し込みます。盛り付ける場合はプラスプーンで混ぜながら濃度が上がるのを待って、乗せていきます。

モバイルサイト