19.塗装と仕上げ

カーキ色で成形したFRP。色を剥がしたい部分には予めワセリンを綿棒で塗っておきます。その上からガイアノーツ「EX-ホワイト」をエアブラシ塗装しました。ワセリン部分を爪楊枝などでカリカリと剥がして色剥げの再現。歯や各部段差部分にはガイアノーツ「ミディアムブルー」を筆塗り。その周囲の黒いラインはマジックペンで手書きで囲いました。左右のチューブのスリット模様はマスキングして手書きです。タミヤエナメルの「フラットブルー」で書き込みました。全体的に手書き部分は雑な感じで書き込んで実物の雰囲気に合わせました。

手書き部分がはみ出した様子や傷のパターンなども実物資料を観察して実物と同じに見えるように注意して行いました。意外と汚い仕上げになります。

歯の塗装は下の白い塗装が溶けだして滲んだ様子も再現しています。

ゴーグル内側の切り抜きも実物のようにバリを少し残して切っています。粗い仕上げの様子に拘って再現してみました。

ページ   18  19     HOME

モバイルサイト