11.耳カバーの製作

ヘルメットとフェースを正位置で組み立ててから、油粘土で耳を造形しています。耳の円盤と下に伸びるアーム部分がヘルメットとフェイスの合わせラインを隠します。パーツ分割して表面処理する時に削る余裕を考えて粘土造形します。実物写真と比べて曲線を修正したりしますから、合わせ目を中央に持って来て対処できるように造形しました。

油粘土が白いので分かり難いですが…石膏で型取りしています。

石膏型が硬化したら内部にワセリンを塗り込んでポリパテ置換します。これが耳カバーパーツの基本形になります。

実物資料画像を良く観察してカーブなどを似せていきます。内部もキレイに磨いています。片面型でも良いのですが、両面型にする事も踏まえて処理しています。

耳中央の四角いパーツの粘土造形です。上の4本タイプがスタント用。3本タイプはヒーロータイプ用です。ヒーロータイプ製作時に本数が変わったようです。

このパーツは何なのでしょうか?マーキングから考えると階級章や部隊章にも見えますね。スイッチかも知れませんね?

このような小さなパーツのポリパテ置換にはポリパテを使用しています。硬化が早くて楽です。少量で済むので小さい物にはポリパテ型を使っています。

石膏に比べて準備や片付けの手間が無くて手軽なのです。(値段的には高くなりますから小さい時だけです。)

実物はバキュームフォーム独特のモールドの甘さがあります。バキューム型自体にも凹みがあるようです。ポリパテ造形で彫刻していますが、バキュームに見えるように繊細に再現しようと努力しています。

バキューム原型を予測して作り、バキュームする方法も考えられますが…全く一致させるのは奇跡に近い確率です。無理です。多分。

ポリパテ原型の表面に自動車塗装下地用のラッカーパテを塗り付けて表面を整えます。磨き込んでツルツルにしました。

粘土の土手に乗せて周囲を粘土で埋めます。周りにも流れ止めの粘土の土手を立てて離型剤としてバリアコートを粘土の表面に塗ります。

原型完成です。

シリコーンゴムとガーゼで積層型にします。この上にもシリコーンを塗り付けて表面が滑らかなシリコーンの層で仕上げます。

シリコーン型の上からゲルポリとガラス繊維でFRPジャケットを作って型は完成です。シリコーンの内側にゲルポリを塗り込んでゲルポリ製の耳カバーを作るのです。

ページ   10  11  12   HOME

モバイルサイト