9.正位置で組むための加工

粘土原型から石膏型を作る時、ヘルメットとフェイスプレートのラインで分割したのです。当然、重なり合う部分は無いので延長しなくてはいけません。実物のヘルメットの縁はS字型になっていますので、S字を作る事になります。

プラ板を切り抜いてガイドを作ります。

プラ板のガイドをビスでヘルメットの縁に固定します。

ヘルメットの中に入り込むフェイスプレートも延長します。

曲面にプラ板を強引に馴染ませるためにビスの数を多めにして固定します。プラ板にはポリパテが固着しにくいのでそのままポリパテを塗り付けましたが、気になる場合は離型剤としてワックスやワセリンなどを塗ります。

塗り込んだ延長部分のポリパテが硬化したらビスを外し、ガイドのプラ板も取り除きます。後々削って薄く加工するのでポリパテは強度重視で厚めに盛り付けておきました。

今回の型取りではヘルメット下の面は足りていません…。

これは粘土原型が崩れるのを嫌って、あえて薄めに造形したためです。この作業をすることを覚悟のうえで決断したのです。足りていない部分を粘土で造形します。空間になる部分を粘土で反転造形します。

反転造形した粘土の上に、顎の下と同じ高さになるように合わせてポリパテを塗り付けます。ポリパテが硬化した後で中の粘土を抜けば最初から中空で造形したように延長されるのです。

ストームトルーパーのデザインは何かと曲線で構成されています。フェイス部分の凹凸も曲面になっていますし、ヘルメットとフェイスプレートも曲線で分割されています。

実物ヘルメットにはこのような段差はありませんが…フェイスプレートとヘルメット部分の接合ラインは同じS字ラインなのです。

実物はHDPE(高密度ポリエチレン)製でリベットの締め込みで組まれて固定されています。多少の柔軟性があるので可能なのです。今回のレプリカはFRP成形で完成しますので絞め込むとクラック(ひび割れ)が起こり強度が落ちます。段差を作って確実に同じ位置に組み立ててビスで止める方法を採用します。

このようにカッチリと組み上がります。ヘルメットは左右合計4本のビスで固定されます。耳パーツは円形部分が2本、チューブの下に1本で左右合計6本のビスで固定する事になります。S字ラインの接合曲線は耳のアーム部分が同じ曲線になっていて上から被さるので隠れるのです。実物も同じ構造で隠しています。

ページ     9  10   HOME

モバイルサイト