8.ポリパテパーツを処理する

前回の作業でフェイスプレート側を延長してポリパテを塗った型ですが、今回はヘルメット側の成形に使用しますので粘土の土手を取り除き、額のラインに沿って新しい土手を作ります。
ビードワックスも塗り直してポリパテを塗り込みました。

ヘルメット後頭部の型は大きいものですが、起伏が少ない形状ですから簡単です。均一な厚さになるように注意してポリパテを塗り込みました。マスクなどのポリパテ置換では3ミリ程度の厚みにしています。強度も出ますし、実際に被って確認する事も可能になります。

ヘルメットの主要パーツがポリパテ置換されて揃いました。

ある程度硬化してから型から外します。
外してから最初にする事はバリ取りです。ナイフの刃を使って切っていきます。貼り合わせるラインは丁寧に切り取ります。切り金(プラ板)の跡が残っていますから、そのラインよりも出ている余白も切り取ります。正確に組み立てるためです。
型の気泡に埋めた油ねんども付着していますので拭き取ります。

お湯で洗います。
ワックスをキレイに除去するための洗浄ですから、熱い湯で洗ってワックスを溶かして除去するという事です。歯ブラシに台所用の洗剤を付けて湯洗いすると取れます。

熱い湯で洗浄した表面ですが、本当にワックスが落ちたのか確認してから作業します。
マスキングテープを貼りつけてみて粘着が効くかどうかである程度判断できます。ワックスが残っていると簡単にペロリと剥がれるものです。
ワックスの除去が確認出来たらポリパテを塗り付けて、気泡を埋めながら表面を磨く時のベースにします。荒れた表面をサンドペーパーで削ってしまうと、表面が痩せますよね。形状だけでなく大きさも慎重に検討した模型なので変えるわけにはいきません。痩せてもらっては困るのです。
表面のザラザラの奥に浸透するようにポリパテを指で塗り込みます。一番外の表層は石膏型に残っていますので、この状態で既に痩せてしまっているわけです。表面の層を復活させるには塗り込んで太らせるしか無いのです。

石膏型を分割してポリパテ置換しましたから、出来上がったポリパテパーツ(第二原型)は当然バラバラです。
組み立てるのですが…粘土原型を手本にするわけでは無いのです。この作業中にも実物の画像などをよく確認して、実物に似せる事を心がけます。
顔の左右の開き具合は重要です。実物のバリエーションでもABS素材の歪みで開いたり閉じたりするのですから、自分が作っている「STUNTタイプ」と同じ角度に成形しないといけません。慎重に位置決めしてから接着します。接着にはポリパテを使います。

3分割して型取りした石膏型を利用してヘルメットとフェイスプレートの2ピースパーツに成形した状態がこれです。額の部分は重なるので位置をずらしてポリパテ成形した様子を書いてきましたが、こういう状態になります。フェイスのゴーグル上の余白部分がヘルメットに入り込んで重なるという事です。

バラバラのパーツを組み合わせてポリパテを使って接着してます。同一素材で十分な厚みを持っていれば強度が出ます。(当然、落としたら割れますけど…)

トルーパーの額には「眉毛」と呼ばれるゴムバンドがあります。英語表記で「Browtrim」と書かれます。海外のファンは「眉毛」と表現します。

「各部の名称」にトルーパーのパーツの通称をかいてあります。
このゴムパーツは日本のホームセンターでも全く同じサイズの物が売られています。機器類の金属のエッジなどを保護するトリムゴムパーツです。世界共通規格なのでしょうか?トルーパーのヘルメットはイギリスで作られていますから…。

まだパーツは完全に硬化していませんしヘルメットのエッジもキレイに整形していません。ゴムパーツがなんとか取り付けられそうだったので仮組してみました。
擦り合わせが不完全なので馴染んでいませんが…こんな感じで合わさるのです。

これから似せていきます。

ページ     8     HOME

モバイルサイト