7.ポリパテ置換する

石膏型に塗り付けるワックス(離型剤)はビードワックスを使っています。タイヤをリムにはめる時に使うワックスなのですが、非常に型離れが良いのです。

フェイスプレート部分はヘルメットの中に入ります。つまり重なる事になるのです。そのままポリパテで抜いたら重なるシロが無いので、フェイスプレートの額を延長して抜きます。
粘土で額の面に合わせて土手を作り重なりシロを作ります。

これがビードワックスです。
バターのような黄色いワックスです。硬さもバターに似ています。付属のスポンジにたっぷりと乗せて型の内側に塗り、薄く伸ばして全面に行き渡るようにします。延ばすと透明になるので塗り残しには注意です。

大型造形物ではパテ類も大量に使用します。
キログラム単位で消費するのです。素材が途中で切れると困ります。買い置きにも注意して作業します。ロックのポリパテ(中目)を使用しています。硬化剤が別売りで、主剤の値段が安いのです。タイミングを考えて硬化剤を買い足したり…主剤を買ったりで、最初は面倒臭かったのですが結果的にはランニングコストが良いのです。

注意していても細かな気泡は巻き込みます。
塗り始めと終わりを考えて、大きな空洞が出来ないように注意して塗り込みます。厚さは3mmになるように作業しているつもりですが…必ず均一には出来ません。型から外す時に割れない程度になるべく均一になるつもりで塗ってます。型から剥がした後で裏から追加で塗る事で対処しています。

硬化が進むと隙間が出てきます。ポリパテは収縮します。それと同時に表面がワックスと反応して少しだけ硬化不良が起きるのです。その結果、ヌルっと型から外れるのですが…外した時には表面にヌルつきがあるのです。時間を置くと硬化しますので大丈夫なのです。

スポンと簡単に抜けました。

表面はこのように荒れています。気泡もありますので修正作業は必要です。
白い部分は石膏が付着したのではなく、気泡部分に擦り込んだ粘土が付いてきたものです。

もう少し固まったら安定しますので、洗剤で表面のワックスを洗い流します。その後、顔の左右を接着するのです。使用する接着剤は…ポリパテです。完全に単一の素材で塊りにするのです。粘土原型と同じ角度になるように慎重に貼り合わせるのです。

ページ     7     HOME

モバイルサイト