11.仕上げと展示

モデラーズフェスティバル2017  2017年11月4~5日

前日搬入で一人で運び込んで展示しました。自分の周りには模型を作る人が居ないので…参加も展示も一人。その事もあって、模型イベントは見に行くことはあっても参加する事はあまり無かったのです。(初めてではないですが何十年ぶり)

イベント中は6個展示しましたが、コンディションの悪い2個を下げて4個に絞って管理しています。Aタイプの旧一号と旧二号です。

Bタイプの旧一号と旧二号です。

やはりBタイプは珍しいようで、展示中に話をしても「知らなかった」と言われる方は多かったですね。仮面ライダーに詳しくない方もビスの数が違う話をすると納得されました。「気が付いていない人が多いんです。」と話すと驚かれます。

Aタイプの旧一号はクラッシャーに補修跡があります。実際にサンドペーパーで擦って緑色のポリ樹脂(補修に使った)とプライマーのグレーなどの色を作って筆でタッチして書き込み再現しました。

当て傷ではなく補修跡が摩擦で出てくるという表現が難しかったです。

旧一号の色は悩みましたが…自分で今一番そうだろうと思う色で塗装しました。基本色は青竹色にミッドナイトブルーを足して作り、メタリックグリーンとメタリックブルーで調整しました。
上掛けのパールは、模型用のパールでは弱かったのでパール風の自作のコーティングを試しました。クレオスのGXカラークリアーシルバーにクリアーブルーを足して粒の大きいブルーパール風のコートを作って厚塗りしてフレークを中で浮かせるように吹きました。乾燥後に表面のザラつきをコンパウンドで削り取ってから布で擦る。力を加えて押さえつけるように擦りました。

Aタイプの旧二号はオープニングで使用されたマスクの再現です。マスキングテープのギザギザや筆塗り塗装の粗い仕上げの再現を出来る限り実物に見えるようにコピーしたのです。乾燥前の塗料が他の部分に付着した様子まで実物通りに再現したつもりです。

塗装表面の傷が激しいマスクなのですが、傷の位置や形も実物の画像から調べて実物通りに書き込んだのです。アンテナの先端による傷の位置はコンパスで位置を確認して実物通りの位置に施しています。

Bタイプの旧二号も撮影中に出来た傷の再現に拘りました。知らずに見た人は汚くて驚くかも知れませんが…どうしてもやりたかった表現なのです。

ページ   10  11  12    HOME

モバイルサイト