7.アンテナの加工

ラジオ用ロッドアンテナを分解した様子です。一本一本銅製のバネが仕込んであってスライドしているのです。初期のマスクにアンテナを取り付ける加工を紹介。

途中からバネ式に変更になる仮面ライダーのアンテナですが、初期型は金属パイプの組み合わせで取り付けられていました。この金属パイプの仕組みには諸説あるようですが…自分が解析した結果から言うと、「アンテナの付け根はアンテナ」なのです。

実物のアンテナの画像で確認できるのはパイプがカットされて短く加工されているという事です。一番下の段をカットすると…その上の段もカットしないと収まらないのです。結果的に下から3段のパイプをカットして加工する事になります。では何故パイプをカットしたのでしょうか?アンテナ付け根部分にパイプを使うからです。

中段を熱加工して曲げます。パイプの両端に精密ヤスリを差し込んで持ち手にしてアルコールランプの火で炙って熱を加えます。色が変色してバイクのマフラーのように虹色になります。変色した頃には曲げられますので、ゆっくりと慎重に力を加えて
曲げ加工しました。加工後に煤や変色した部分をコンパウンドで磨けば、実物のようなメッキの剥がれた金色になるのです。

これで組み合わせれば出来上がりなのですが…
実物のアンテナを観察するともう一段太いパイプが被ってます。これは折れ曲がったパイプを補修したのだと思います。サイクロンでの変身シーンでアンテナが急角度で折れているのを見る事が出来るのですが一番下の段の中間で折れています。
折れた部分を伸ばして一段太いパイプで接着固定したのだと思い同じように加工してみたのです。

このような複雑な組み合わせでアンテナが加工されているので付け根の部分の考察がし難いのだと思います。

今回はこのような考察での再現としました。

パイプの変色も段数もアンテナの節の長さも…こんな感じではないでしょうか?

こちらはBタイプの初期型のアンテナ加工です。
曲げ加工は同じ方法で炙って曲げてあります。Bタイプは組み合わせ方が単純で、5ミリほどの細かくカットしたパイプを2本通してザクの動力パイプのような組み合わせて接着。

付け根部分をダークグレーで塗装してます。エポキシ接着剤でガチガチに接着してありますが、実物はGボンドで固定していたようですので表面にGボンドを塗り付けてフェイク加工しました。

アンテナ付け根が左右段違いなのが初期型の特徴ですね。

AタイプもBタイプも最初の塗装直しの段階でアンテナ付け根の取り付け方法が変更になります。自転車のブレーキケーブルを使用する事になるのです。バネのようにビョンビョン動くタイプですね。ブレーキケーブルの表面のビニールを剥がすとコイル状の金属が露出します。内部のワイヤーを抜いて内側のビニールも引き抜くと
長いバネ状のパーツになるのです。これをワイヤカッター等でカットして端のエッジをヤスリ加工したら90度に折って付け根に加工できます。マスク側をエポキシ接着剤で固定してます。
今回は持ち運びの為にアンテナは差し込み式で接着していません。

また、ブレーキワイヤーの中にアルミの針金を入れてますので手で曲げた角度で止まり、自由に調整できます。この加工をするとアンテナが揺れなくなるのですが…。
長期間アンテナが広がったりバネが変形したりしないのです。展示用の加工ですね。

ページ     7      HOME

モバイルサイト