9.耳の成形

左耳は柔らかくて薄い感じです。一方右耳はエッジがシャープで肉厚です。

左耳は溝が深く掘ってあってフィンが丸い印象。右は厚めに盛ってエッジを立てて作ります。左右共に溝とフィンの段差は同じくらいなのですが彫刻方法が異なっているようですね。

左耳は後ろから2番目の溝が一番長いのです。後ろから見た時の肉厚の加減も実物と同じになるように彫刻してあります。
マスク全体のラインと耳のフィン部分のアールの差などパッと見て実物と同じに見えるように調整して仕上げています。

左耳は角度が大きい。このような感じに仕上げました。溝一本一本の深さや角度に気を使いました。

右耳のエッジの頂点のライン。
ラインがガチャガチャしていて直線的ではないですね。これも実物通りに再現しています。

下から見上げると…ガチャガチャしていたラインが一本の弧を描きます。
マスクの右側面の曲率が不規則なのでこのような現象が起きます。これも実物に似せて同じにしました。…というより…曲面の比率が同じになっているって事なのでしょう。
極限まで似せていきたいですね。

ページ     9  10    HOME

モバイルサイト