4.下顎の芯を準備する

下顎の原型を作るための型紙をマスクに合わせてみる。
これは仮に作った型紙なのでギザギザのパターンは違います。実物のギザギザパターンは上の刃を写したものではなく、上下はピッタリとは合わないのです。第一話に使われたFRP製の下顎は必ず隙間が空くような位置でマスクに固定されます。顎の後端のホックでマスク本体に止められていたようです。第一話の仮面ライダーは常に口が開いていたのです。設定ではクラッシャー(歯)は鎖を噛みきる様な武器です。隙間からは本郷猛の口が見えるのです。ギミック的には失敗(?)だったようです。顎を抜けなくするための耳カバーの張力が強く、ホックが外れるので片方がぶら下り被り直すのが手間だったようです。
途中からはアクション用のソフトマスク(ラテックス製マスク)の顎を使うようになります。

芯の部材は…毎度の事で作業台製作時の端材です。
(まだまだあるので当分の間は木材に困らないw)

手ノコで切り出して木ビスの穴の墨付け、下穴開けですね。使用する木ビスから下穴ビットを決めている所です。

芯の完成。

ざっくりと作りましたが、垂直と水平には気を使って正確に。この芯にゲージを被せて基礎にしますので、きちんと基準出します。

芯の土台です。

メタルの「ダボ」をねじ込んでます。棚を自作するパーツで、ホムセンで売っている物です。芯の方には大きめの穴を開口してあるので差し込めるのです。

マスクの時に出来なかったアイデアを盛り込んでおきました。3方向に穴を開け、差し替え可能です。裏向けたり垂直に立てたりできるように作りました。

粘土原型を作り易い事と石膏取りの時の角度変更が可能。土台はシッカリ作ったので、他のパーツにも転用できると良いのですが。

図面も整理できました。型紙やゲージも準備OKです。

下顎の上にマスクを乗せることに成功!やり易いです。チェックしながら造形できるのは助かるのです。

顎の芯、準備完了です。

ページ     4      HOME

モバイルサイト