「仮面ライダーAタイプ」

1971年「仮面ライダー」では2つのマスクが使用されています。同じ型から3ピースに分割されて成形されたFRPパーツを作るたびに組んで仕上げたようです。その組んだ時の角度の違いで微妙に表情が違っています。第1話から登場したタイプをAタイプと呼称しています。

長期間放置していた粘土原型を石膏で型取りして仕上げるまでを掲載いたします。

出来る限り実物のマスクに似せて製作したのですが、記事中にある仮面ライダーの考察は自分独自の解釈も含まれます。ムックや研究本の内容と合わない部分もありますので、そのつもりでお読みください。

モバイルサイト